中途解約について | フェイシャルエステの知識

中途解約について

エステサロンに契約したはいいものの、途中で解約したくなった場合は、どうしたらいいのでしょうか。
一度契約したものは、解約できないというわけではありません。

例えば代表的な制度には、クーリングオフ制度があります。
契約から8日以内で、条件を満たしていれば、クーリングオフ制度を適用できます。

この場合、解約金等が発生せず、いかなる理由であっても適用によって契約を解約することができます。
ところが、クーリングオフの適用には、期間が設けられているのです。

契約書面の交付から8日以内という短期間のもの。
契約時に強引に売り込みをされたり、ついハンコを押してしまったという消費者を守るための制度だからです。

クーリングオフ制度の適用期間を過ぎてしまうと、解約はできないのでしょうか?
また、解約する場合、解約金が高くつくということになるのでしょうか。

クーリングオフの適用期間を過ぎた場合、中途解約手続きを行うことで、契約解除が可能です。
中途解約手続きには、理由の制限も設けられていません。

中途解約ができるかどうかは、契約時の金額が入会金や施術費用だけでなく、商品等の代金も含めて5万円以上であり、
かつ契約期間が1カ月以上であることが条件として挙げられています。

こちらの適用期間は、クーリングオフ制度の適用期間終了後から契約終了までのどの時点でも適用可能です。
クーリングオフ制度と異なるのは、中途解約手続きの場合、解約金が発生することです。

解約料については、上限が設けられており、こちらはサービスを受けたかどうかで金額が異なってきますので、
よくご確認ください。

クーリングオフ制度をはじめとする解約の制度は、消費者を守るためのもの。
それでも、事前に口コミ等で生の声をチェックして納得して施術が受けられるよう、情報収集は怠りなくいきましょう。